So-net無料ブログ作成
スポーツニュース ブログトップ

日ハム斎藤佑樹投手メジャーの夢を絶たれる?評価が低すぎて調査対象外と宣告 [スポーツニュース]

saito.jpg


日本ハムの斎藤佑樹投手の
評価が低すぎて
メジャー行きの対象外だといわれたそうです。



期待度や話題性の高さの割には
まったく活躍できていないとして
何かと話題の日本ハムの斎藤佑樹投手ですが、
どうやらメジャー行きもなくなったようです。



メジャーの関係者に
斎藤佑樹投手について聞いたところ、
はっきりと「調査対象外」と言ったとのこと。



調査すらしないというのは
全く評価するにも値しないということで、
完全にメジャー行きは絶たれたといわれています。




メジャー関係者が言うには、
とにかくすべての球種が平均以下とのこと。



さらに、彼(斉藤選手)を使い続ける理由が分からない、
とまで言っています。


さすがメジャーの世界だけあって、
見る目も相当にシビアなものがあります。



いつまでも期待通りの活躍ができない
斉藤投手を使い続けている
日本ハムの栗山監督の起用法にも
疑問を感じているとか。



メジャーだったらちょっとでもダメな選手は
すぐに外されますからね。


成績が残せないとすぐに戦力外となります。



入れ替わりが激しいメジャーの世界において、
まともに活躍できていない選手を
第一線で使い続けるというのは
ちょっと信じられないことなのでしょう。




斎藤佑樹さんは、
日本で十分実績を残して
30歳までにメジャーに行きたいと
かつて語っていました。

zuOhX.jpg


家族や周りも期待していただけに
今回のメジャー関係者の評価は
かなりショックなことだと思います。



しかしまだまだ活躍できる機会は
あると思うので、
奮起してがんばってほしいですね。



いきなり人が変わったように
活躍しまくる斉藤投手というのも
おもしろいのではないでしょうか。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

ジョコビッチ選手がボールボーイを怒鳴りつけている動画。審判から警告を受けて謝罪 [スポーツニュース]


男子テニスプレーヤーの
ノバク・ジョコビッチ選手が
ボールボーイに対して大声で怒鳴りつけたことが
問題になっています。



4月5日に開催された男子テニスのマイアミ・オープン
男子決勝。


ノバク・ジョコビッチとアンディー・マレー選手の対戦。


ノバク・ジョコビッチ選手

mm20120129203505_137874960.jpg

アンディー・マレー選手

RogersCup-20060810-0007.jpg


この試合中にジョコビッチ選手が
ボールボーイを怒鳴りつけたとのこと。
審判からも注意を受けました。



試合中によく感情的になることで有名なジョコビッチ選手。


なぜボールボーイを怒鳴りつけたのか?


それはボールボーイがタオルを渡すのが
遅れたからです。


テニスを見たことがある人は
わかると思いますが、
試合中はとてつもなくピリピリしています。


合間合間に選手に汗を拭くタオルを
ボールボーイと呼ばれる子たちが渡すのですが、
その動作も無駄なく機敏に行われていることからも、
試合中の緊張度が分かります。



そんななか、決勝という舞台で、
タオルを渡すのが遅れたボールボーイ。


トッププレーヤーの戦いともなると、
一瞬一瞬が勝負なので、
ほんのちょっとでも何か問題があると、
選手は一気にナーバスになりがちです。


特にジョコビッチ選手はもとから感情的に
なりやすい選手なので、
今回のようなことになってしまったと思われます。



ジョコビッチ選手の怒りの形相に震えるボールボーイ。

審判も見かねてジョコビッチ選手に警告をだしました。



真相は、自分のコーチ陣などに向かって
大声を出したということですが、
動画を見ても分かるように、
ボールボーイに対して怒鳴りつけているようにしかみえません。


ジョコビッチ選手がボールボーイを怒鳴りつけている?動画





一流選手に怒鳴りつけられては、
ボールボーイもかなりのトラウマになってしまいます。


動画を確認したジョコビッチ選手も
自身の態度を深く反省しているとのことですが、
ボールボーイになにか
サイン入りラケットなどのプレゼントをして、
慰めてあげてもいいんではないでしょうか。


そういったことをすれば
かなり印象は変わると思うんですが。



ジョコビッチ選手のこうした態度に
世界中からブーイングが起こっています。

今後はこうしたことは
起こらないようにしてもらいたいものですね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

サガン鳥栖の韓国代表のDFキム・ミンヒョク選手の顔面踏みつけラフープレーがひどすぎると話題。傷害で逮捕レベル [スポーツニュース]

20150120_2.JPG


Jリーグの鹿島×鳥栖戦での
サガン鳥栖の韓国代表のDFキム・ミンヒョク選手が
やった顔面踏みつけラフプレーが
あまりにもひどすぎると話題になっています。


そのひどいラフプレーの動画はこちら
完全に踏みつけています。




これかなりひどいラフプレーですよね。

しかもこれでイエローって
甘すぎでしょ。


傷害ものですよこれは。


審判もちゃんと見ていたはずなのに
この程度で済むというのは
ちょっと信じられません。



こんなプレーがまかり通っていたんでは
選手は安心してプレーできませんね。



踏みつけたのは
サガン鳥栖の韓国代表のDFキム・ミンヒョク選手で
踏みつけられたのは金崎選手。

金崎選手

173334099kanazaki-500x333.jpg



動画を見てもわかると思いますが、
完全に意図的に踏みつけています。


くんずほずれつの際に思わず、とかではなく、
確実に相手の顔面めがけて足の裏を
ヒットさせています。


完全に確信犯。

もう犯罪です。

逮捕ものですね。



ただラフプレーがプレーしている選手からは
後ろ向きで隠れてしまっているので、
他の選手もこれほどひどいプレーだとは
思っていないのでしょう。


だからあまり抗議しなかったのでしょう。

でもこの動画を見れば一目瞭然。

選手は怒りを感じていると思います。


ラフプレーをはたらいた
サガン鳥栖の韓国代表のDFキム・ミンヒョク選手が
もしかしたらこのプレーが元で
永久追放されるかもしれませんね。



この動画は広く世界に知ってもらうべきだという意見もあります。


こんなことが許されていたら、
サッカーというスポーツ事態の
評判が落ちてしまうので、
他の国の選手や関係者も黙っているわけにはいかないでしょう。


もっと的確かつ厳粛な処分をしてほしいものです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能
スポーツニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。